見た目だけではない!屋上緑化の本当の利点

緑があるだけでも癒やしにはなりますが

ビルの屋上などのスペースを活用して、屋上庭園を作ったり個人用の菜園として貸し出したりしているケースが増えてきました。確かに雨ざらしにしておくだけではもったいないですし、すぐそばに緑に囲まれた空間があるとほっとしますよね。ですが、実は屋上を緑化した場合の効果はそれだけではないのです。特に、温暖化に関連した夏の暑さに対抗するために大きな効果があることが分かってきているのです。では、どのような効果があるのでしょうか。

断熱効果が期待できる

夏になればクーラーをつけてもなかなか気温が下がらない、なんてことがありますよね。強めにすれば何とか快適にはなるのですが、今度は電気代が気になってしまいますし、毎年大変な思いをしているのではないでしょうか。ところが屋上を緑化することで、屋上に直接照りつける日光が遮られることになるため、建物内に熱が通りにくくなるという効果がでてくるのです。草原の涼やかなイメージというのは実際に温度に差があるためですので、緑化の効果が大きいことがよく分かりますよね。

ヒートアイランド現象の緩和になる

屋上の緑化がもっと広がるとヒートアイランド現象の進行を止めることができると考えられています。それは、ヒートアイランド現象の要因の一つに、都市部の緑地や水面が少ないことが挙げられているからです。コンクリートは温度変化が遅いため、本来気温が下がるはずの夜に昼間溜め込んだ熱を放出するため、平均気温が全体的に上がるということです。ですから空に向かって露出しているコンクリートの面積を減らしてやれば、それだけ気温が下がるということになるのです。

屋上緑化は建物の断熱性を向上させ、周囲の気温の急上昇を抑える効果があります。その一方で枯れ葉や花粉の飛散に対処する必要があるので、立地環境によっては使用する植物の品種を慎重に選ぶことが大切です。